Björn-Ole Kamm
ビョーン=オーレ・カム

info[@]b-ok.de

 

CV

Links

1981年に教師の家庭に生まれ、それから知識を渇望しておる。特に異常な、外国からのまたは空想的な物事に関心が向けられている。それゆえ、マンガとアニメはまだ文化製品として尊重されていなく、オタクの趣味として判断されている時代に、寿司はドイツで大人気のある料理ではなく、気持ち悪いものとして思われた時代に、僕が日本に一年間留学したのは、不思議ではない。時代と価値観、すなわち社会的現実が変わるけど。現在、日本と日本の文化がはやっている。

「何は本当に“実在”であるのか」というのは一番興味深い質問であると言えよい。この質問への僕の近似方法は二つ:第一に、芸人としてイラスト、ロールプレイーやショートストリーズ通じて自分の現実を作ったり、その創作の実在性を決まったりする。

次に、研究者としてたくさんの異なる視点から対象を考察したい。インサイダーとしてもアウトサイダーとしても - 上述の現実性は下述の嘘だとうわけだから。「婦女子 - 日本とドイツにおけるボーズラブマンガの利用と満足論」という修士論文では、両方の視点に立った。

2008年8月から1年間、2005年万博の愛知県名古屋市のそばにある一宮市で住み、働いていた。JETプログラムに国際交流員として参加しており、発表等のための能力を高めるチャンスや最初の自分のセミナーを行う機械があった。その時から博士論文の準備を行い、2010年はドイツ・日本研究所の奨学生として最初のフィールドワークを行い、2011年にハイデルベルグ大学博士課程に入学した。その上、ハイデルベルグ大学・亜欧文化交流研究所で”健康と環境”の研究部のコーディネーターとして勤めている。

2012年11月〜2013年2月、京都大学・「親密圏と公共圏の再編成」というグローバルCOEに研究員として所属していた。

2013年から2015年3月まで、ハイデルベルグ大学・亜欧文化交流研究所でトランスカルチャラル・スタディーズの大学院教員・研究員として教え、大学院のコーディネーションでも支援した。

2015年3月に京都大学文学研究科の特定講師として着任し、研究・講義の上、新しい「Transcultural Studies」(文化越境研究)という共同学位修士過程を実施準備していた。2017年10月にこの「京都大学ハイデルベルク大学国際連携文化越境専攻」が開設され、同年12月僕が講師としてその専属教員になった。