TEDxKyotoUniversity 2017
Written by Björn-Ole Kamm

関心を高めるための体験デザイン

TEDxKyotoUniversity 2017”での発表。2017年7月8日(土) 13:00-18:00、芝蘭会館

 

第三回TEDxKyotoUniversity~リソウノチカラ〜

TEDxKyotoUniversityは京都大学の最先端の研究を世界に向けて発信するとともに、様々なアイデアがぶつかり合い、新たなインスピレーションの種が生まれる場です。

日程:2017年7月8日13:00-18:00
場所芝蘭会館

注意:チケット申し込みが必要です。下記のサイトをご覧ください。

TEDxKyotoサイト (申し込み情報あり)
2017 イベントFacebookサイト

 

発表: Experience Design for Understanding Social Withdrawal

Opening a Door to Closed Lifeworlds through Larp

言語: 英語

A brief talk on how larp (live-action role-play) can become a tool to make research in the humanities and social science into an experience. The presentation introduces the audience to larp and showcases “Village, Shelter, Comfort,” a larp co-designed with people who withdrew from society for a prolonged time. The larp seeks to make their everyday experiencable by others and further understanding for people in withdrawal.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。